FC2ブログ

さくらの花の咲く頃に

cooking・雑貨・子育て~お気楽主婦による気まぐれな日々の記録
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

2012年9月10日、小平の病院へ転院。

こうして私は9月10日の午前中、先生が探してくれた
小平にある病院に転院する事になりました。

多分、救急車で運ばれた時に入ったであろう
救急外来用の入り口と、救急車専用入り口。

IMG_1005_convert_20131001222255.jpg

私はここからまた救急車に乗って運ばれたのかな。
ずっと寝た状態だったから分かりません。。。

IMG_1010_convert_20131001222449.jpg

覚えているのは、
看護師さんや先生がバタバタした様子と
エレベーターに乗り、1階の外来らしき人がいる所を通り。

久しぶりにを見て、ここが外だと気が付きました。


飛行機雲がキレイに直線を描いていて、
先端に白い飛行機も見つけました。
IMG_0954_convert_20131001222039.jpg

あの時の空はこんな感じ?

「かわいそうだねぇ~。」すぐ近くで小さな子の声。

私って、小さな子から見てもかわいそうなんだ....
小さいのに心配してくれてるんだ.....
複雑な心境なのに、なんだかほほ笑ましい(^^)

バギーに乗った2歳ぐらいの男の子がママといるよ、
と私の母が教えてくれました。

救急車に母と先生も一緒に乗り込んで出発です。
先生が私を見て「すごい汗だね。」と言い、
母がハンカチを出すと、先生が汗を拭いてくれました。

小平の病院へは早ければ20分位で到着とのこと。
が!
救急車、早いのは助かるのですが。。。
すっっごい揺れに酔いました

到着があと5分遅かったら。。。
私、おそらく吐いてましたヽ(;´Д`)ノ

そして病院に到着
IMG_1108_convert_20131003231748.jpg

そこには女医さんと、研修医の先生、
たくさんの看護師さん達が待っていてくれました。

女医さんが色々と指示を出し
研修医の先生が、私と目線が合うように
腰をかがめて挨拶をしてくれました。

先生方が引き継ぎをしている間、
私は母が買ってきたパジャマに着替えさせてもらい、
看護師さん達は前の病院に返す物を整理してくれました。

先生が病院へ戻る時に、
「大丈夫かな?何か言いたい事とかある?」と
声をかけてくれたので
「看護師さん達によろしくお伝えください。」と言うと
「分かった、伝えるね。」とニコッとしてくれました。

女医さんは、
「状態がすごく悪いと聞いていたけど、
予想してたより悪くなさそうで本当に良かった~。
こんなにじゃらじゃら色々付けてたら、これで
具合悪くなっちゃうわ。取れる物は外しちゃって。」
と、看護師さんに言っていました。

そう、そう、そうなのよ♪
その言葉、待ってました(≧∀≦) !!!!!

** つづく **
スポンサーサイト



【 2013/09/27 】 病気 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL